電気代をお得にするためにはまず太陽光発電の設置

太陽光発電で電気代をお得にしたいと思う人は、まず自宅の屋根に太陽光発電パネルの設置が必要です。パネル数に比例して電気の発電量が増えます。設置料金もパネル数が多いほど初期費用がかかります。でも長い目で見ると発電量が多いほどお得ですので、できるだけ多く設置すると毎月発電量が契約している電力会社から振り込まれます。電力自由化になりましたが、設置の際には問題がなければ現在契約している電力会社と契約すると余計な手間が省けます。

太陽光発電設置後には毎日気になる発電量

太陽光発電を設置後には、毎日のお天気が気になります。そして、毎日の発電量と消費量のバランスも気になります。太陽光発電は屋根の上のパネルだけではなく、家の中に発電量のモニターがあり、好きな時に確認することができます。晴れた日でも留守にしている昼間はほとんど消費量がありませんが、夜間の在宅時に消費量が増えます。そのため正確に1日の消費量を確認したければ、前日24時間の消費量を確認することが大切です。雨の日は発電量が0ではありませんが非常に少ないため、消費量が増えていきます。

10年単位など長期で考えると絶対電気代はお得な太陽光発電

生きている限り電力は消費します。電気代をお得にするためには太陽光発電が一番簡単に家に設置できる発電装置です。1か月単位で確認しても太陽光が強い地域は売電料金が電気代より多い場合がほとんどです。新築の住宅ローンに設置代金などを含めると、ローンが気にならずに毎月必ず発電料金として収入があります。そして1年単位、10年単位の長い目で見るとまとまった金額の収入になっていることがわかります。新築の際が設置には良い機会ですが、中古住宅を購入後の設置も、次世代に渡ることを考えるとかなりお得な金額です。

住宅向けの太陽光発電の設備は敷地内で日当たりが良い場所に置く必要があります。庭や建物の屋根に置くのが一般的ですが、強風などの影響で破損しないように金具やワイヤーなどで固定することが安全確保の条件です。